FANDOM


テンプレート:Infobox コンシューマーゲーム機 ポケモンミニ(Pokémon mini)とは、任天堂が出資する株式会社ポケモンによって2001年12月14日に発売された携帯型ゲーム。サイズは手のひらに収まる程の大きさ。メーカー希望小売価格は3,990円(税込)。型番はMIN-001

機能・特徴 編集

ボタン 編集

  • 十字キー - ゲームボーイと同様の配置。
  • Aボタン - ゲームボーイと同様の配置。
  • Bボタン - ゲームボーイと同様の配置。
  • Cボタン - 右手の人差し指で操作する位置に配置されている。電源を付けるときに、Cボタンとパワーボタンを入れることで、消音状態になる。
  • パワーボタン - 電源を操作。十字キーとAボタンの間に配置。
  • リセットボタン - 本体の初期化。十字キーとAボタンの間に配置。

全てのソフト一覧 編集

※メーカー希望小売価格は全て1,260円(税込)
ソフトはいずれも『ポケットモンスター』に関連した内容・キャラクターとなっている。

その他 編集

  • カラーバリエーションは、当初は「ポケモンパーティミニ」を同梱した"ウパーブルー"1色のみ、のちにハードのみの単品販売と、ポケモンセンター限定販売用に"チコリータグリーン"、"ムチュールパープル"が追加された。
  • 発売当時、カートリッジ交換式のゲーム機としては世界最小サイズと発表された。
  • 書き換え可能ROMカセットを利用したゲームの書き換えシステムも開発されていたが、実現されなかった。
  • ゲームキューブ用ソフト『ポケモンチャンネル 〜ピカチュウといっしょ!〜』には、ポケモンミニのエミュレータ機能が実装されており、各ソフトの体験版とオリジナルソフト「カビゴンのランチタイム」をプレイすることができる。さらに上記の3色に加えて"ゴールド"と"ウッド"の本体カラーバリエーションが登場する。

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はポケモンミニにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki